わたしの親族に行方のわからない者や連絡がとれない人がいるのですが

もし、その場合には相続がスムーズに行われない可能性がります。
親族の中で意外にも行方のわからない方や連絡がとれない方がでてくることがあります。20年前の結婚式であったきりで、それ以来音信不通の場合もあるでしょう。
親族の葬式の時に現れないからといってそのまま放っておくと、その方を相続人として探す時には困難を極めます。
相続時、どうしても行方がわからない場合は家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立てることになります。
ただし、遺産分割には相続人全員の合意が必要になりますから、相続が円滑に進んでいない場合には、とても厄介な問題になる可能性があります。

<用語解説>

※17行方不明者・・・・・行方不明者が相続人にいる場合には、家庭裁判所に不在者財産管理人選任を申し立て、不在者財産管理人が行方不明者の代わりに遺産分割協議に参加し、遺産を分割します。

 

遺産相続支援全国ネット

  • NPO法人 日本相続士協会(相続士資格試験)
  • 相続士スキルアップ講座
  • 終活士養成スクール 東京校
  • 終活士養成スクール 大阪校
  • 終活士養成スクール 福岡校
  • 相続士上級養成スクール 東京校
  • 相続士上級養成スクール 大阪校
  • 終活士協会(終活士資格試験)

相続士ピックアップ

adachi00.jpg

足立エリア

澤田 朗
... »

suginami00.jpg

小金井エリア

浅井 廣
お客さまの手足として゛親身に働きます゛。 ご満足頂... »

kodaira00.jpg

小平エリア

中島 浩希
... »

yokohama00.JPG

横浜エリア

淡路 幸史
... »

tsukuba00.jpg

つくばエリア

荒木 達也
不動産の現状分析からお客様毎の相続対策・納税対策(... »

相続士メンバーシップ登録募集中!

  • ウェブアポジオ(全国の相続人と相続士のための専門情報誌)
  • 相続支援ネットFacebook公式ページ
  • 遺産相続相談事例
  • 遺産相続専門、相続支援ネット代表エリグチのコラム
  • 遺産相続参考書籍

相続支援ネット関連リンク

  • 江里口吉雄相続士事務所(相続・不動産・住宅の専門家、相続士)