相続税には無縁だと思っていたが・・・

ある日、突然の病気であっという間に永眠した父親の遺品を整理していたSさん。父親の財産といえば、Sさんが生まれ育った実家の土地30坪と、預貯金が500万円ほど。実家は売っても2000万円くらいと近所の不動産屋さんから言われていたので、自分は相続税がかかるわけがないと思っていました。

Sさんの母親はすでに他界していたため、誰も住まない実家は売却し、自分が10年前に購入したマンションのローン残債2000万円を完済できればいいと思っていたのです。
しかし、実家の売却にあたり土地と建物の権利証を確認しようと、父親の銀行の貸金庫を開けて思わず目が点になりました。実家の土地建物の権利証とは別に、近県に60坪ほどの土地の権利証がでてきたのです。どうも祖父から相続した土地らしく、更地で何にも利用していない土地だということがわかりました。貸金庫からは、そのほかにも国債や株券等色々と出てきました。

あわてて実家に戻って貸金庫の中身を整理してみると、Sさんの父親が遺した財産はなんと1億円を超えるものだということが分かりました。幸いにも相続人はSさんひとり。突然の財産の発見だったので、質素倹約を徹底していた父親に感謝するとともに、遺産分割上の問題がないことに胸をなで下ろしました。

結局、相続税の支払いが必要なため納税については税理士に、その後の資産運用についてはFPに相談した結果、まず父親の残した金融資産でSさんのマンションのローンを完済することに。そして、実家の土地は売却せず、県外の更地だった土地とそれぞれにアパートを新築することにしました。

相続後、Sさんはアパートオーナーとしてハッピーな生活に一転したのは言うまでもありません。金融資産の利回りよりも圧倒的に高利回りの家賃収入に驚くばかりだということです。

Sさんのように、遺族が把握していない財産が見つかることは少なくありません。また、相続財産は、プラスの財産だけではなくローン等のマイナスの財産も対象となりますので、逆に遺族の方が困ってしまうケースも存在します。

相続税には無縁と思っていても納税資金が必要になるケースもあります。遺された家族の生活をしっかり守るためにも、事前のきちんとした準備や対策が大切です。

記載内容は、2008年5月現在施行中の税制・関係法令等によるものです。したがって、将来変更される場合がありますのでご注意ください。 個別の税金のお取り扱いの詳細につきましては、所轄の税務署等にお問い合わせください。また、財産の正確な評価・税額計算、および税金の申告等にあたっては、税理士等に必ずご相談・ご確認ください。

このコラムは、ハートフォード生命「セカンドライフの達人」様の取材に江里口がお答えしたものを再編集しました。

 

遺産相続支援全国ネット

  • NPO法人 日本相続士協会(相続士資格試験)
  • 相続士スキルアップ講座
  • 終活士養成スクール 東京校
  • 終活士養成スクール 大阪校
  • 終活士養成スクール 福岡校
  • 相続士上級養成スクール 東京校
  • 相続士上級養成スクール 大阪校
  • 終活士協会(終活士資格試験)

相続士ピックアップ

adachi00.jpg

足立エリア

澤田 朗
... »

suginami00.jpg

小金井エリア

浅井 廣
お客さまの手足として゛親身に働きます゛。 ご満足頂... »

kodaira00.jpg

小平エリア

中島 浩希
... »

yokohama00.JPG

横浜エリア

淡路 幸史
... »

tsukuba00.jpg

つくばエリア

荒木 達也
不動産の現状分析からお客様毎の相続対策・納税対策(... »

相続士メンバーシップ登録募集中!

  • ウェブアポジオ(全国の相続人と相続士のための専門情報誌)
  • 相続支援ネットFacebook公式ページ
  • 遺産相続相談事例
  • 遺産相続専門、相続支援ネット代表エリグチのコラム
  • 遺産相続参考書籍

相続支援ネット関連リンク

  • 江里口吉雄相続士事務所(相続・不動産・住宅の専門家、相続士)